2018年6月4日月曜日

白川郷 濡髪家の殺人@実業之日本社文庫



世界遺産の里で猟奇殺人。週刊誌編集者殺害の背後で蠢く驚愕の真相とは……

年東京の多摩川河川敷で「週刊真実」編集者・山内修三の生首が見つかる。
彼は作家・夏川洋介の連載小説『濡髪家の殺人』を担当していた。
さらに500キロ以上離れた世界遺産の合掌造り集落・白川郷で胴体が!
小説は「首無し死体」が次々に発見されるという内容のため、
物語と現実の事件がリンク!? とネット上は騒然。
犯人が首を切断した理由は!?
怨恨? 異常者の仕業?
捜査は混迷を極める……

警視庁捜査一課の名コンビ志垣警部&和久井刑事が活躍する「世界遺産」シリーズ第一弾。
2012年に惜しまれながら急逝した著者が放つ、傑作本格ミステリー、初文庫化!

発売:実業之日本社文庫
A6(文庫)判496ページ
2018年06月06日発売
本体価格 759円+税
ISBN 978-4-408-55425-9