2012年2月11日土曜日

盲点と伏線




早いところでは店頭に並んでいるかもしれません『幻影城の奇術師』。


本作は、『平安楽土の殺人』のときにはなかった「盲点」を主軸に採り入れています。




『幻影城の奇術師』というタイトルどおり、主役はマジシャン…というよりも、ハデなステージを展開するイリュージョニストと呼んだほうがふさわしいのですが、その職業的な背景も、盲点に一役買っているかもしれません。

さて、少し気の早い話ですが、「魔界百物語」SEASON1は第4巻から、いよいよその背景に隠された壮大な陰謀が姿をみせはじめます。

第3巻が、その意外な伏線になっているという仕掛けなんですが。