2012年1月30日月曜日

4色の蛍光ペン


4色の蛍光ペン。

先日、ゼブラのサラサボールペンが、語学学習になくてはならない存在だということを書いたが、この4色の蛍光ペンも重要な小道具。

ドイツ語を学習している人は、すぐにピンときただろう。



これは単語を記憶する際に、名詞の「性」の使い分けに用いる。

フランス語の名詞は男性と女性の二種類のみだが、ドイツ語はそれに中性が加わる。その性別によって、定冠詞や不定冠詞の格変化が変わっていくから三種類のどれなのかをいちいち覚えていかなければならないけど、それをビジュアル的に焼き付けようというのが、この蛍光ペンを使った色分けだ。



男性名詞はブルー、女性名詞はオレンジ、中性名詞はグリーン、そして性別に関係のない動詞や形容詞や前置詞などはイエロー。

けっこう、これが効果的なのだ。