2012年1月16日月曜日

うまいネーミング

で、昨日の話を受けて、ボサノバがらみの話題だが、第二の小野リサとして、ボサノバ・シーンで注目されている小泉ニロ(こいずみ・にろ)。

ぼくは彼女の声質が大好きで、よく聴いている。癒される。

http://www.youtube.com/watch?v=miTogsdtvuQ

小野リサも好きで、いろいろアルバムを持っているけど、小泉ニロはその路線とは異なる個性があっていい。

ところで、彼女の芸名はよくできてるよなあ。ひょっとしたらブラジルとのハーフかもしれないと思わせるし。






ローマ字表記ではNILOとなっている。

ポルトガル語でNILはゼロで、NILのあとに、ゼロに形がそっくりのオーがきて、NILOだから、いかにもそこが意味ありげだ。



しかし、じつは札幌出身で、本名が二口智子(ふたくち・ともこ)。

漢字の「二口」をカタカナの「ニロ」と読ませたわけだ。うまいなあ。



そういえば、もう亡くなられたけど、むかし「おニャン子クラブ」の写真集撮影で、スタイリストの堀切ミロさんとよく仕事をさせていただいた。

ミロさんは本名が美代子でミロ。



ぼくもなんかカタカナのペンネームを持ちたくなったな~。

吉村ツタヤですかね。

映画のエッセイ本を出す機会があったら、それにしようかな。