2011年12月11日日曜日

TPP

TPP。

日本にとって非常に重要な選択を迫られている問題を、なんで三文字の頭字語であらわすの?





たとえば「新語時事用語辞典」には「TPP」のことがこう書いてある。

別名:環太平洋経済協定、環太平洋連携協定、環太平洋戦略的経済連携協定、環太平洋パートナーシップ、環太平洋パートナーシップ協定、太平洋間戦略経済連携協定、トランス・パシフィック・パートナーシップ

英語:Trans-Pacific Partnership、Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement



日本語のほうは、すべて英語表記の直訳に過ぎなくて、日本語に直しても、ぜんぜん頭に内容が入ってこない。

なにも英語をそのまま訳して日本語に当てはめる必要などない。大切なのは、中身の本質がわかるような用語にすることだ。

ほんとうは「環太平洋完全自由貿易構想」とするべきじゃないのかな。

そのうえで、賛否を議論するというのが正しいあり方だ。



まるで暗号のようなアルファベット頭字語に惑わされて、「新しいものは危険だ」「いや、新しいものは採り入れないと遅れる」といった判断につながるとしたら、とてもバカげたことだと思う。

でも、そういったイメージ的なものから賛否の判断をする人は少なくないように思える。

言葉のトリックだ。



じつは、日本が島国であることを維持するのか、それとも大陸的に生き方を変えるか、という「第二の開国」についての是非を問う選択。

それがTTP……まちがえた、TPPの本質である。

つまりこれは、ひとりひとりの日本人が、今後の生き方を変えられるかどうかの問題であって、いまのライフスタイルのまま「てーぴーぴー」を採り入れてメリットがあると思っていたら大間違いだ。



TPPを受け入れるからには、個人個人の生き方、価値観も大幅に変える必要が出てくる。

なあに、安い外米が入ってきても、日本人は国産のコメを選ぶに決まってるよ、とか、そういう考えでイエス・ノーを決めるのは大甘といえる。



TPP容認論のいちばんの大嘘は、いまのライフスタイルや価値観を維持したまま、TPPでメリットを享受できるような喧伝の仕方である。

TPP拒絶論のいちばんの過ちは、時代の流れがどう変わろうとも、日本人の古典的価値観にしがみつこうとしているところだ。



TPPに正式参加したら、日本人はこれまでの価値観を大幅に変更して、より大陸的な新しい国民性を培っていかなければならなくなる。

ぼくはそれも悪くないと思っている。



また、いまの政権能力のままTPPに参加をしてメリットがあるという期待も、大きな過ちにつながる。

かといって、TPP不参加の現状維持ではジリ貧間違いなし。



言葉を換えれば、「も、ほんと、どーしようもない民主党政権」下のJapanにあっては、TPPを拒否しようが参加しようが、どっちに転んでも国家沈没の一途だろうということ。

TPPの参加がどっちに転ぼうと、その前にやるべきことがある。

政権交代?

いや、まずは自由民主党の党首交代からだと思います。肝っ玉の据わっていない呉服屋の若旦那みたいな人に政権を取り戻してもらってもしょうがないし。