2011年12月7日水曜日

天気が悪い日の桜と紅葉は

紅葉見物に出かけたけど、天気が悪くてガックリという方も少なくなかったはずの、京都の紅葉シーズンがようやく終わろうとしていますが、青空と紅葉のコントラストをイメージして遠くからきたのに、曇り空や雨だったらどうする、という話。



答えは、日没になるのを待ち、夜間ライトアップしている寺社へ行く。

ほかの土地と違って、京都の桜と紅葉は神社仏閣と切り離すことができません。そして近年、ライトアップによる集客をめざす寺社がものすごく多くなりました。

このライトアップのセンスの善し悪しは、寺社によってたしかにあります。でも、美しい光の演出を行なっているところでは、雨の夜でさえ、それがかえって美しく桜や紅葉を引き立たせることがあります。



せっかく京都まできて、悪天候に泣くだけではもったいない。しぶとく夜になるのを待ちましょう。桜と光、紅葉と光の組み合わせの多さでは、日本のどこにも負けない場所ですから。