2011年11月27日日曜日

大阪人の選択は?

ぼくは大阪府民でも大阪市民でもないけれど、生まれたのは大阪だし、いまは京都を拠点にしていることもあって、きょう投開票の府知事&市長選の結果は非常に興味がある。




ぼくは橋下さんよりもっと大胆な意見の持ち主で、日本が元気になるには、数年以内に大阪が首都になったほうがいいと、本気で思っている。

大阪都どまりじゃなくて、もう首都まで一気にいく。つまり東海道新幹線は、上りと下りが逆転することになるわけだけど。



東京が首都になってから、まもなく150年だ。いろんな意味で、東京はいっぱいいっぱいになっている。150年は、もう首都としての制度疲労を起こしてしまう年数だし、なによりも東京人の発想がマンネリ化していることに気がつかねばならない。

それに、とにかく大震災をきっかけに、人々はあまりにも後ろ向きに、かつ弱気になりすぎている。そういう日本は、あまり見たくない。



こういうときに必要なのは、関西人のバイタリティと、なによりもホンネを言える発信力なのだ。関西弁のほうがホンネがいいやすいんだから、標準語も関西弁にしたらええ。



首都移転というと、つくばとか、「空いている土地がまだたくさんある」場所に行こうという発想しかないけど、大阪に移しなさいって。絶対に日本は元気になるから。

その前段階としての大阪都構想なら、ぼくは大賛成だ。

開票は夜の九時からだそうですね。