2011年10月24日月曜日

『十三匹の蟹』 ロケ地めぐり⑧


『十三匹の蟹』には、この厳島神社は登場しない。しかし、潮の満ち引きに伴って「海上の神殿」といった様相を呈する世界にもまれな(だから世界遺産にもなった)社殿は、平清盛が造営したと伝わっている。

平家滅亡の17年前の話だ。



厳島神社のこの全景を見て、私は確信した。

世に「福原遷都」と呼ばれる清盛による新都移転は、やはり神戸北方の福原が最終ゴールではなく、現・神戸港に面した和田岬一帯に海洋都市を造営する「和田京建設」こそが平清盛の真意だったのだ、と。