2011年10月10日月曜日

ほんとうにあった「猿の惑星」

テレビを見てたら、この映画の宣伝になでしこの澤さんが出ていて、「まさか『猿の惑星』を見て泣くとは思いませんでした」と言ってた。

用意されたコメントを言わされてるっぽい(笑)。

なぜなら、映画館に置いてあった「猿の惑星」のちらしは「泣ける映画」であることの宣伝文句のオンパレードだったからだ。

はっきり言って、ぜんぜん泣けません(キッパリ)。そこは保証します。

というか、泣くヒマなんてないのです、わくわくどきどきで映画に引き込まれて。





情緒にひたるひまもないほど、恐ろしい世界にのめり込んでしまう迫力がこの作品にはあるのに、「猿→動物→感動の涙」というワンパターンのイメージで売ろうとした日本側宣伝スタッフの戦略は大はずしだと思うけどなあ。



ただし、「猿の惑星」には、別の意味で「日本人には泣ける」要素があるのだ。

それは「猿の惑星」のほんとうの正体のことだ。






オリジナル版「猿の惑星」の原作は、フランス人作家ピエール・ブールの小説がもとになっている。そしてその小説は、もしも猿に地球を征服されたら、といった純SF的発想から執筆されたものではなかった。

1943年、ブールが31歳のとき、彼はフランス領インドシナで日本軍の捕虜になる。そのとき、彼はこう思った。こんな猿みたいなアジア人種に、白人のおれさまが捕まえられて捕虜の辱めを受けるなんて、天地が逆さまになったようなものじゃないか、と。

その屈辱的体験を経て、1963年に書いたのが「猿の惑星
(La Planète des singes」なのだ。



いちおう、表向きにはきれいごとの執筆動機も用意されていて、動物園に行ってゴリラの表情を見てヒントを思いついた、なんてことも言われているが、実際のところは、猿みたいな日本人の捕虜になった屈辱が、彼にこの小説を書かせたというのが、広く伝わっている定説である。

ニホンジン、猿で悪かったな(泣)。



そうなのだ。「猿の惑星」という名作は、我ら日本人のおかげで誕生したのだ(じまん!)。



1980年代後半、ライジング・サンの勢いで世界中をバブリーなジャパン・マネーがじゃぶじゃぶと席巻していたころ、やっぱりピエール・ブールと同様の屈辱感を味わった白人も大勢いたことだろう。

ホテルや一般企業を日本資本に乗っ取られ、人間のことば(すなわち英語)をしゃべれない類人猿からエラソーに命令されるのをぐっとこらえ、「この日の丸掲げた『猿の惑星』野郎ども、いまにみてろ」と歯ぎしりした白人も大勢いたはずだ。

実際、1990年にはじまったバブル崩壊は、必ずしも日本政府の経済戦略の失敗だけに帰するものではない。本気でアメリカが日本経済をつぶしにかかったとみても、間違いではないだろう。

当時のホワイトハウスに『猿の惑星』のペーパーバックが配られ、ニホンザル撲滅の大統領極秘指令が出されたという説も(陰謀好きの吉村達也だけが言ってるのだが)、あながち妄想ではないかもしれないぞ。



しかし、どんなに蔑まれても、バカにされても、憎まれてもいい。日本人が欧米を猿の惑星化していたころが懐かしいではないか。

いまはニホンザルなんて、世界から無視されたさびしい存在だもんね……。