2011年9月9日金曜日

北朝鮮戦@録画

昨日、生中継を見られなかった北朝鮮戦を、ようやく本日録画で見た。

この試合の感想コメントというのは、どんなにカンチガイ・的ハズレなものであっても、まだ中豪戦の結果が出ていないときに叫んでこそ、後世に残す(?)意味があるわけでして、すでに五輪進出が決まったのを知ってから、冷静な感想を述べてもしょうがない。

ただ、もしリアルタイムで見ていたら、必ずぼくはこう書いただろう。





《同点にされたときの澤さんの「がっ………………くし」という表情を見た瞬間、ぼくはすべてが終わったと思った。この試合のことではなく、ロンドン五輪への挑戦が》

そう書いたに違いなかった。

ついでに「だから第三戦は主力を休ませるための捨て試合にするべきだと言ったのだ」と、自分の書いたことにコダワリーノな発言をしただろう。



いや~、ほんとに生中継で澤さんのあの顔を見たら、ぼくは相当めげていたのは間違いない。そして、ありとあらゆる手段を使って中国が勝ちにくるだろうと想像するうちに、胸のあたりに苦しさを覚え、寝込んでしまっただろう。

北朝鮮戦終了後のネットで、いろいろ罵詈雑言が飛び交ったのは観戦者心理としては無理もないよね。



ただ、近賀さんを責めるコメントがほとんど見当たらなかったのは、やっぱりみんな彼女のこれまでの献身的な守備を見てきたんだなと思ってホッとした。

最後のクリアミスも、凡ミスというよりは、もう脚が思ったところに上がらなくなるほど疲弊していたからだろうと、そんなふうにみえた。

タイガースで藤川球児がサヨナラホームラン打たれて負けても、誰もそれを責めないのと同じだ。



とはいえ、「負けずに済んだのだから気持ちを切り替えて」なんて、少なくともあの試合会場にいる間は、そうなれるわけないのは当然で、「負けなかったんだからオッケー、オッケー」と、たとえ強がりでも言える状況なら、澤さんがあんな顔にはならなかったはずだ。

宮間さんも試合後、気丈にふるまっていたが、顔に「やばい…」と書いてあった。



つまり、中豪戦で中国が勝っていたら、精神的には崖っぷちに追い詰められていた。そして第五戦は悪夢の到来となっていただろう。

ぱんぱん。臨時開設オーストラリア大聖堂に参拝。



さてと、余裕綽々で、第五戦のなでしこが、どんなメンバーで臨むかが楽しみになってきました。勝たなくてもいいから、澤さん、川澄さんを休ませてあげてほしい。イエローくらった熊ちゃんも。

熊ちゃんはときどきポカやるけど、試合中の一生懸命さが伝わってきて、なんか好感が持てるのだ。

最終戦では、田中&上尾野辺に走り回らせてみたい。あと永里妹がどんなプレイをするのかも見ておきたいところ。



昨日の試合後は、さすがにいつもと違う硬いトーンだった川澄さんのブログも、さっきの更新では明るさ全開に戻って安心した。(わたしもおたくだな)

裏を返せば、それぐらい北朝鮮ショックは効いてたってことだろう。

もう一回、オーストラリア大聖堂にお礼の参拝してから、仕事に移ります。