2011年9月2日金曜日

よく点が入ったなあ

昨日のなでしこもそうだけど、代役が機能しないとつらいですね。

女子の高瀬と男子の柏木が、気負いの空回りという点でかぶって見えた。




そして女子の宮間・大野投入と同じように、きょうも清武・ハーフナーの投入で、一気に雰囲気が変わった。

清武、いいよねー。

急に点が入るようになった気がしたし、とくにロスタイム終了間際の怒濤の攻撃は、いけそうムードが一気に高まった。

で、やっぱり清武が吉田のゴールをアシストしてくれた。



それにしても、ロスタイム終了1分前にゴールなんて、昔は日本がやられてた側のパターンだったけど、自力がついたんだなあ。

しかし、こっちはへろへろです。



明日はまた女子の日韓戦ですか。ふーっ。

韓国のエース池笑然(チ・ソヨン)の突破力のすごさは、先日INAC神戸vs湯郷Belleのナマ観戦でしっかり観させてもらった。

神戸のチームメイトを知り尽くしている彼女が、一点は取りそうだ。

よって、韓国の一点は織り込み済みとして、2-1の勝利を祈る。