2011年9月19日月曜日

妖精鬼殺人事件 あらすじ

(カバー袖より)

精神分析医(サイコ・セラピスト)・氷室想介のもとに赤いリボンの女が相談にやってきた。突然まくし立てたのは、9・11同時多発テロ陰謀論。

2カ月後、電力不足の灼熱地獄にあえぐ東京で、彼女の幼い息子が14階の自宅から転落した。

事故か、それとも心のバランスを崩した母の犯罪か?

だが氷室が突きとめたのは想定外の実行犯!ミステリーの王道をいく「意外なヒント」と「意外なトリック」と「意外な犯人」。

装いを一新した《魔界百物語》がはじまる!





『妖精鬼殺人事件』、書店の店頭に並びはじめました。

秋の夜長、というにはまだ早いですが、みなさんの読書タイムのお供にさせていただければと思います。