2011年8月29日月曜日

スピーチの達人

決選投票直前の演説を見て、野田さんは、ひさびさに政治家としてスピーチの達人に出会った、という感じで「おー」と思った。




その後、新代表として最初の会見でも、みなさんはお気づきになっただろうか、記者の質問に対して、野田さんは「えー」とか「あー」というムダな発声は一切なく、明快な答えを発する。

頭の中で考えをまとめているときに声を出さない――これはなかなかできないことだ。ちゃんとトレーニング積んでいるんだろう。

外交の場でも、通訳は楽だろう。これほど外国語に訳しやすい日本語をしゃべる総理は、おそらくいままでにいなかったのではないか。

スピーチの達人は、言葉に責任を持つ重要性を認識しているはず。そういう総理であってほしいものだ。

え? ぼくより年下なんですか。それはびっくり。貫禄あるわ~。



海江田さんのほうは、「ちゃぶ台返し」を平然と言い出した時点でダメだと思った。鳩菅二代にわたって、発した言葉を大事にしない総理がつづいたことが、いかに外交で大デメリットであったかを思えば、三党合意で決めたことをソッコーひっくり返す人はいりません。それとしゃべりのテンポ遅すぎ。顔が悲壮感あふれすぎ。気負いすぎたですね。

前原さんは口もとの汗が大減点。あれはまずったなー。なんか、おもわぬ不利な展開になった動揺を引きずったままがみえみえで。

鹿野さんは新宿の街角で占いをやっていたら似合いそうだというイメージから抜け出るものがなかった。髪型がレトロすぎるのとちゃいますか。

馬淵さんは、この人どこかで見た顔だなあ、マンガのキャラだったか、ハリウッドの俳優だったか、それとも清水アキラだったか…と考えてるうちに演説が終わった。



けっきょく、スピーチの言葉が頭に残ったのは野田さんだけだった。