2011年7月20日水曜日

あのミラクルゴール

なでしこジャパン以外の各国がどういう戦いぶりをしてきたのかを見たくて、FIFA WOMENS WORLDCUP 2011の公式サイトにある各試合のダイジェスト動画を閲覧した。



http://www.fifa.com/womensworldcup/matches/round=255989/match=300144437/index.html


ところで決勝延長後半、澤さんの、どうやってああいう角度に蹴ることができたのかさっぱりわからんミラクル同点シュートについて、きょう「ひるおび」にご本人が登場し、実際にサッカーボールを投げさせて、あの場面を解説・再現してくれた。

右の小指と薬指のつけねあたりで蹴って、あれだけの方向を変えたそうである。

そして実際にスタジオで、その角度にアナウンサーを立たせたら、澤さん、投げられたボールを蹴ってまさにドンピシャで、そこに持っていくんだからびっくりだ。しかもサッカーシューズじゃなくて、チーム正装のときの靴で。



しかし、実際の試合場面を見ると、澤さんはかなり後方から駆け込んできて、しかも相手の19番がぴったりマークして併走、さらにワンバックもきたのに、カンペキに合わせたわけだから、実力はもちろんだけど、やっぱり「神の力」が働いたとしか言いようがない。



番組にはほかにも川澄、大野、丸山、近賀といったメンバーが出ていたけど、延長前半1-2でリードされてもぜんぜん負けると思っていなかったと全員が口を揃えて言ってた。それどころか、延長後半キックオフのときには笑顔もあったと。


そういえば、あの試合、みんないい顔してたよね。PKのときの熊谷さんなんて最高だった。


信念の力はすごい。




この「ひるおび」に、宮間あや大先生がいらっしゃらなかったのは非常に残念だったが…。