2011年7月22日金曜日

だまされたと思って

先日、土用の丑の日にちなんだテレビの「うなぎ特集」で、スーパーで売られているうなぎが、おいしくなる食べ方というのをやっていた。

見た方もおられると思うが、意外なことをやったあとで、意外なものを使うのである。その手順は……。




①まず、パックからうなぎを取り出して、意外にもまず流水でうなぎをよくこすってタレを洗い落としてしまう。これによって、ぬめりに含まれる臭みをとるんだそうだ。

②そのうなぎをフライパンに移し、なんと「緑茶!」をひたひたに入れて蒸す。これは皮などを柔らかくする効果があるそうだ。緑茶はペットボトル入りので可。

③適宜、火が通ったところでお湯を、じゃなくて、お茶をこぼし、フライパンを改めて加熱して焼く。そして、ごはんにのせて、たれをかけ、好みで山椒をふる。



実際にやってみた。といっても、妻にやってもらったのだが。



たしかに!



明らかに、スーパーで買ったものを、そのままチンしたのとは格段に違う。

これまでスーパーで買ったうなぎで、これはレベル高い、と思ったのは、北陸・中部方面に展開する「魚屋をルーツにもつ」スーパーが売っていたうなぎで、これはスーパーのレベルを超えて、すごい、という意味での「スーパー」だった。さすが魚屋さんが開いた店だけあるなと思った。

が、そういうのは、やはり例外で、どんなに浜名湖産だ、鹿児島産だといっても、しょせんスーパーのパック入りうなぎは、お店で焼きたてのに較べたら天と地ほどの差がある。


しかし、この方法は、明らかに「スーパーのうなぎ」をグレードアップさせるのは間違いない。感心して、二日連続で、この方法で食べてしまったほどである。

だからといって、中国産を買ってバージョンアップさせようとは思わないが。



ともかく、まず水で洗ってぜんぶたれを落としてしまうという逆転の発想と、緑茶で蒸すという意外な着想。これが気に入った。

だまされたと思って、やってみてはいかがですか。