2011年5月21日土曜日

「吉村達也検定」正解と解説 第1問

さて、いよいよ「吉村達也検定」正解の発表開始です。きょうは①の正解と解説、それに正解率など。

【問題】
①吉村達也が高校3年のときに、原稿用紙40枚で完成させた初めての小説。探偵のもったいぶり方がエラリー・クイーンもろまねの短編の題名は?

(ア) 琵琶湖上殺人事件
(イ) 琵琶湖上虐殺事件
(ウ) 琵琶湖上連続殺人
(エ) 琵琶湖上の惨劇
(オ) 琵琶湖上の悲劇


さて、なんと、のっけから選択肢設定ミスのおわびをしなければならないはめに…。


【解説】ほんとうの正解は「琵琶湖上虐殺事件」。

だが過去ログファイルを「琵琶湖上」で時系列的に新しいところから文字検索にかけたところ、いきなりヒットしたのが「琵琶湖上殺人事件」。2009年6月25日のホームページにそう書いてあった。

なんということか、「思い出の初完成作品」の名前を誤記していた。

しかし、2004年12月30日や同年7月22日のホームページには正しく「琵琶湖上虐殺事件」と書いてある。

さらに遡って2002年9月3日には大阪の直美さんから「先生の『琵琶湖上虐殺事件』は読む事ができないのでしょうか? タイトルと存在を知ってしまった以上、読みたくて仕方がないのですけど…(^^)v」といったメールもいただいている。

そして数日遡った同年8月30日に、「吉村達也、高校時代に書いた第1作が『琵琶湖上虐殺事件』。それ以来「湖」をタイトルにしたものはありませんね」と書いているのが、「ほんとうの処女作」についてふれた最初のコメントだ。



自分で二通りの表記を書いた以上は、どちらも正解にしなければならない。

幸い「ア」と答えた方はきわめて少数のうえ、上記ファンメールを検索したことにもちゃんとふれておられたのでバツにはできない。

……ということで、本来の正解であるイに加えて、アも正解とします。



【正解】 (イ) 琵琶湖上虐殺事件 または (ア) 琵琶湖上殺人事件

※正解率56% 難易度9位(最も正解率の低い難題を1位とした場合)

☆まずは出だしの小手調べでしたが、いきなり設問ミスでごめんなさい。