2011年4月10日日曜日

天龍寺百花苑の源平枝垂桃

平安神宮まできて神苑を見ないのはもったいないように、天龍寺まできて百花苑へ足を伸ばさないのはもったいなさすぎる。とくに花の季節には。

天龍寺の有名な枝垂れ桜の奥に、美しい花々が咲き乱れるエリアがある。それが百花苑だ。




とくに人々が足を止めるのは、これだ。一本の木から、見事に紅白の桃の花が咲き分かれている。サクラではなく、モモ。

その隣にある躑躅(つつじ)の紫色とあいまって、この一角の美しさは格別である。