2011年4月9日土曜日

哲学の道

花曇りの空だが、桜は満開。撮影方向の反対側に、大文字山がくっきりと大の字を見せる。

(帰宅後追記)

白川通今出川から若王子(にゃくおうじ)神社までの1.8km、哲学者・西田幾多郎が散策しながら思索にふけっていたというところからつけられた「哲学者の道」。

琵琶湖疎水に沿ってつづくこの小径の両側に並ぶ桜は、日本画家・橋本関雪の夫人よねが、京都市に桜の苗木を寄贈したことからはじまる。ゆえに、関雪桜と呼ばれる。